<< 大ノリタケ展 平筆を使う >>

仕事へのプライド

デパートに行くと、熱心な販売員さんとそうでないひととがくっきりと分かれます。ちょっと前に都内のデパートで’見るだけ’と寄ったお店。店員さんがとても熱心でした!まず商品にとても詳しい。素材がこうで、洗濯も自分でできて、軽くて汚れが付きにくい、立体裁断なので着たときが一番美しい!など・・ご自身の体験も踏まえて説明をしてくれる。お店にあるアイテムでどんどん組み合わせしてくれて・・’欲しいな’という気持ちにさせる・・本当はジャケットだけ'見る’つもりで立ち寄った店なのに結局セットで買っちゃいました。おだてに弱い?といわれればそれまでですが、やはり100円、200円の買い物ではないので嫌いなものは絶対に買いませんし、もちろん似合わないものもセレクトしていないつもり・・ニットは結構もっているのにこの時期に着るものって意外とない・・いつも季節の変わり目には’去年、何、着てたのかな?’と思ってしまいます。今日はジーンズを買いに行ったのですが・・なんだか私って似合わない・・店員さんにに’ここ(股下)がもたっとならないタイプの形はありませんか?’と自分の体系を棚に上げて(;^。^A聞いたところあいまいで何を言っているかよくわかりません。それに’あちらにあります’って言われても・・重たい荷物と傘をまた持って見に行くのかと思ったら’やーめた’となりました。販売の仕事ってとても難しいですね。立っているだけ?とんでもない!時代の流れやその人に合わせた接客・・そして仕事へのプライドを持っている人はすぐにわかります。せっかくモノを買うならやっぱりプライドのある店の店員さんから買いたいと思っています♪
[PR]
by salondechouette | 2005-10-27 16:33 | 日記
<< 大ノリタケ展 平筆を使う >>