<< ハンガリーでの生活 Ⅴ ハンガリーでの生活 Ⅲ >>

ハンガリーでの生活 Ⅳ

絵付けを習い始めたのは赴任してまもなくでした。通常日本人の方が住む地区に
住んでいなかった私たちの周りにほとんど日本人の方はいませんでしたが、大使館にお勤めだった方の奥様が比較的近くにお住まいだったので’なにか困ったことはありませんか?’と連絡を下さったのです。助かりました。でも初めてお会いする方にあれこれ聞いてはどうかしら?なんて思いつつ・・子育てをほぼ終えた奥様は’なんでも聞いてね’と、とても優しくいろんな情報をくださいました。通常、海外赴任は夫が先に赴任先行き、住居などが整った3ヶ月ほどあとに家族が赴任することが多いようで私も例に漏れずそのスタイルでした。子供が1歳足らずだったのでやはり負担は大きくかなりストレスもたまっていたのでなにかやってみたいとは思っていました。今もVERYという雑誌がありますが、たまたまその雑誌にポーセリンのことが特集されており、切り抜きを持っていた私は’こういうのはハンガリーにありますか?’とその奥様に聞いたところ’私が通っているわ’とすぐに紹介してもらうことができました。ヘレンドでペインターをしていたというアッティラ先生は聴覚障害のあるおじいさんでした。とりあえず見学させてもらいすぐに習うことにしました。私はびっくりするほど決断が早いほうです。黙っているとおとなしい人に見られる傾向がありますがまったくそういうタイプではありません。日本にいたらまず絵付けを始めなかったでしょう。帰国していいろ調べたら授業料の高い教室がほとんどでびっくりしました。ハンガリーでの授業料はここでは紹介できません!!(安すぎて!)そんなこんなではじめた絵付けをこんなに長く続けることになるとはまったく予想もしていませんでした。
[PR]
by salondechouette | 2005-08-31 23:07
<< ハンガリーでの生活 Ⅴ ハンガリーでの生活 Ⅲ >>