<< アンティークも好き 身に着けるモノ >>

ハンガリーでの生活  Ⅷ

フィアットという車を運転していました。小型で運転しやすかったように思いますが私はやっぱり運転には向いていないのです。ある日絵付けのレッスンに行ってお友達を送り届け、買い物をして帰る途中ハンドルを切った瞬間なんだか変な音がしました。’???’パンクしていました。どどどど、どうしよう。日本でもしパンクしてもパニクル私なのに、ここはブダペスト・・とにかく家の方向に向かって走り始めました。(すごーい!!)すぽこん・・すぽこんという音が鳴っているような気がしたけど気のせいだ・・と思いながらなんとかガソリンスタンドに到着してとりあえず満タンにしてもらい、実はこういう具合でパンクしたと説明したところ、若いお兄ちゃんが二人してタイヤを交換してくれました。(T-T)でした。チップを弾んでルンルンお家に帰ろう♪っていう気分。とにかくいつも誰かに助けられていました。ハンガリー人はとても人当たりがよく、私は一度も怖い目にあったことがありません。そのほかではちょっとイヤな思いもしましたが・・そうそう、こんなこともありました。運転が下手な私は駐車場にどうしても入れることができずそこらにいたハンガリー人を捕まえて’すみませーん、入れてください!’ってお願いして運転してもらったこともあります。相手が嫌がって’自分が教えるからあなたが運転しなさいよ’なんていわれて笑ったこともあります。とにかく・・私の周りに居たやさしいハンガリー人に感謝!’ナジョン カッサナム スーペン!’(ハンガリー語で’ありがとう!’)
[PR]
by salondechouette | 2005-09-16 07:52 | 日記
<< アンティークも好き 身に着けるモノ >>